ブログ

2022年7月 の記事一覧です

ハイリスクとローリスク

大腸に多数の腺腫がある人は大腸癌の高リスク群(ハイリスク群)ですね。それに対して、大腸に腺腫が1~2個認める場合、ハイリスク群より大腸癌の危険性が低いので「低リスク群(ローリスク群)」と称する方がおられます。私は、このような集団は「低リスク群(ローリスク群)」ではなく「軽リスク群(マイルドリスク群)」と言う方が誤解されにくいのではないかと考えています。

疫学では、一般集団におけるリスクを「平均リスク群(アベレージリスク群)」と称します。「平均リスク群」よりリスクの低い集団を「低リスク群(ローリスク群)」と称し、「スーパーノーマル」と言うこともあります。

従って、「平均リスク群」よりリスクは高いが、ハイリスク群ほど高くない場合は「低リスク群(ローリスク群」ではなく「軽リスク群(マイルドリスク群)」と言った方が誤解されにくいですね。

ただ、「high」に対するのは「low」、「mild」に対するのは「severe」なので、「ハイリスク群」は「シビアリスク群」と言わなければならないかもしれませんね。言葉は難しいです。

潰瘍性大腸炎が悪化したら絶食した方が良いのか?

以前は潰瘍性大腸炎が悪化して入院したら、すぐに持続点滴をして絶食にしていました。場合によっては中心静脈栄養(IVH)までして、長期間の絶食が普通でした。絶食にする根拠はあるのでしょうか。実は、絶食をする群としない群での比較試験が行われ、絶食にした方が、手術になってしまう割合が多いとの臨床試験の結果も報告されていたのです。

私は、潰瘍性大腸炎の患者さんが悪化して入院しても、本人が食事をしたいと言う限り、絶食はしないようにしていました。

その理由は、前のブログで書きましたように食物繊維は大腸粘膜の修復にとって重要な成分であるだけでなく、絶食は、かなりストレスになるからです。

潰瘍性大腸炎は、ストレスにより悪化します。ストレスには、肉体的ストレス(寝不足、過労、脱水、過度の日焼けなど)と精神的ストレス(不安、恐怖、悲しみ)があり、どちらでも悪化します。食事をしたいのに絶食をしなくてはならないことは、かなり大きな肉体的、精神的ストレスになると思います。

ただ、潰瘍性大腸炎が悪化して、とても食事が摂れないような状況であれば、持続点滴をして、脱水を防ぎ、栄養状態を改善すべきですね。

潰瘍性大腸炎は低残渣食にすべきなのか?

私が大阪府立成人病センターで潰瘍性大腸炎の診療をしていたとき、何人もの患者さんがほぼ同時期に悪化したことがありました。不思議に思い、患者さんに話を良く聞いてみると、皆さん、保健所の講習会に参加して、そのときに講師の先生から潰瘍性大腸炎の患者さんは低残渣食にするようにとの指導を受けていました。真面目な患者さん達は、その話を信じて、普通の食材も裏ごしするぐらい、徹底して食物繊維を避けた食事をしました。

おそらく、その講演をされた先生は、食物繊維は硬いので、それが大腸粘膜をゴリゴリと傷つけることをイメージされて、そのような話をしたのかもしれませんね。しかし、その当時から、食物繊維を投与する臨床試験の報告はあり、緩解期における再燃予防には食物繊維の投与が良いことも報告されていました。

食物繊維は、人の消化酵素では分解されず、吸収もされませんが、大腸内で腸内細菌により短鎖脂肪酸などに分解され、それが大腸粘膜の重要な栄養源になります。食物繊維を摂取しないと大腸粘膜に栄養が届かないため粘膜の修復が悪くなるのが食物繊維を摂取しなければ潰瘍性大腸炎が悪化する理由と考えています。

急に食物繊維の摂取をやめたために、私の患者さん達は、再燃してしまったようです。食事指導は、なんとなくイメージで話をしてしまうことも多いように思いますが、やはりエビデンスを大切にすべきですね。

その後、国立がん研究センターにおられた佐々木敏先生が、EBN(evidence based nutrition;根拠のある栄養学)を提唱され、現在は、多くの疾患でエビデンスを重視した食事指導がされています。

現在では、食物繊維を大量に含む発芽大麦の摂取が、潰瘍性大腸炎の治療法の一つにまでなっています。

潰瘍性大腸炎は牛乳を飲んではだめなのか?

まずは、牛乳を紹介します。皆さんは、潰瘍性大腸炎の患者さんには牛乳を避けるように説明されていますでしょうか。私が若い頃には、教科書に「牛乳は避けるように」と書かれていたので、その根拠となる原著を探したことがあります。その時代は、今のようにネット検索はできませんので、教科書を書かれた先生に尋ねたりしました。執筆された先生のなかには、以前の教科書をみて、そのように書いてあったので、そう書いたと話された先生もいました。

その当時、潰瘍性大腸炎は欧米に多い疾患でしたが、欧米の教科書には牛乳を避けることは書かれていなかったです。いろいろ探してみると、日本で最初にそのことを書いた先生は、潰瘍性大腸炎と乳頭不耐症を誤訳していた可能性があるようでした。その後、潰瘍性大腸炎も乳頭不耐症も下痢をする病気なので、下痢をしやすい牛乳は避けるということが、違和感なく受け入れられたのかもしれません。

潰瘍性大腸炎の患者さんが牛乳を飲んではいけないという研究報告はないようでしたが、若造の私が牛乳を避ける必要はないと言ってもだれも信じてくれません。そこで、その頃、多数の潰瘍性大腸炎を診療されていて、当時、東大におられた武藤徹一郎先生に相談したところ、教科書に「潰瘍性大腸炎の患者には、乳糖不耐症により乳製品で下痢をする人以外は、乳製品の摂取を許可してもかまわない。乳製品摂取のために症状が悪化した例は経験したことがない。」と書いてくれました。超大御所の武藤先生が、このように書いてくれたおかげで、現在は潰瘍性大腸炎患者さんに牛乳を避けるようにという先生は、ほとんどいなくなったように思います。

ただ、日本人は乳頭不耐症が多いですので、潰瘍性大腸炎患者さんで牛乳を飲むと下痢をする人は、やはり避けた方が良いですね。

ブログTOP